BLCD・漫画や小説(稀に映画)などを言いたい放題
http://bicdnanitsijou.blog6.fc2.com/
--
--.--.--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Sun
2011.05.29
 
出演

鏑木・T・虎徹(ワイルドタイガー):平田広明
バーナビー・ブルックスJr. :森田成一
アントニオ・ロペス(ロックバイソン):楠大典
ネイサン・シーモア(ファイヤーエンブレム):津田健次郎




春の新番組で特にチェックしてなかったけど
観たら面白い!
なんだこれ…。


虎徹はおちゃめなおじさん。
本気で正義のヒーローやってるかわいいおっさん。


そんな虎徹と相棒のバーナビーは
虎徹にバニー、バニー呼ばわりされて、反感して抵抗してたのに
最初は素直じゃなくかわいげなかったバーナビーも、
なじんで受け入れ始めて、バニー呼んでも、普通に「はい」って返事した!
なんだこれ



…サンライズ、分かってるじゃないか。
メイン二人は絶対にBLに出ないしね。



私は森田さん好きじゃないので、
私の琴線に触れる人だったら、もっと萌えたのに。


平田さんは聴いてみたいなと思ってたけど
絶対に無理だったから、望んでいる腐女子の方々は見るべし!
いや、私が出遅れただけか。


大典さんは外画でもあてそうなキャラやってるし(黒人でごつい)
津田さんはおネエキャラで面白いし。


続きが楽しみだな~。

 
スポンサーサイト
Category * アニメ
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Thu
2011.05.26
 
原作:日高ショーコ


あらすじ
広告代理店勤務の桜井は、帰途、ある少年とぶつかって仕事の資料をダメにされてしまうが、その相手が偶然同じ資料を持っており、家に招かれた。
彼はその古くて広い一軒家で下宿を営む家主だという。
水川蓉一と名乗るその青年は大学生で、桜井に対してひたすら無愛想。
そっけない態度と不躾な眼差しを苦手に思いながらも桜井は、「家が気に入った」と、たびたび蓉一のもとを訪れるようになるが・・・。


出演
桜井:森川智之
蓉一:近藤隆
竹生:日野聡
菖太:岡本信彦
藤本:鈴木達央
柏木:三宅健太



F&Bのラウルとは打って変わって、無機質というこか感情表現に乏しいというか
不器用というか、蓉一の近藤さん。
キャスト発表見たときはそんなに問題ないかなと思ったけど
聴いてみると、もっと無機質な感じの声の人がよかったな・・・
今後きっと蓉一は変化するだろうから、その時に近藤さんがどうなるか・・・
続きがドラマCDになるかわからないけどね。



森川さんの桜井はイメージが違った。
もの凄く普通にやってた(声のトーンも普通に喋ってるときと同じ位)

蓉一が19歳で桜井37歳・・・
結構年齢差で桜井悩むけど、ドラマCD聴いてるとあんまり年の差感じないんだよね。
演出の狙いでそうなのか、桜井の性格か?芝居か?
原作読み直さないとなんとも言えないけど。




柏木が三宅さんだったのが意外だった。
もっと老け役の方かと思っていたので。

藤本原作であまり好きではなかったけど
このCDで鈴木さんのやってる感じだと嫌いな奴になった。

岡本さんと日野さんは出番があまりないので、特に感想はなく。


フリートークは昔していたバイトの話とか岡本さんいじりとか。
アニメイトでコミック付きの方が良かったかな・・・。 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Thu
2011.05.26
 
原作:松岡なつき


あらすじ
海斗救出を阻む最大の敵・ビセンテは不在!!その間隙をついて、海斗奪還に成功したジェフリー一行。
けれど再会の喜びも一瞬、逃亡の旅に出ることに。
道中、病を押し隠す海斗は、次第に短くなる咳の発作に、内心不安を募らせていく…。
一方、いち早く罠に気づいたビセンテは、猛追跡を開始して!?
追う者の希望と追われる者の命を賭けた、息詰まるスペイン脱出行、ついにクライマックス!!


出演
海斗:福山潤
ジェフリー:諏訪部順一
ナイジェル:小西克幸
ビセンテ:大川透
ラウル:近藤隆
 

>>>Read more

編集[管理者用] このページのトップへ

 

Fri
2011.05.13
 
8月24日発売

城崎万:近藤隆
十亀俊司:石川英郎


万は近藤さん当たったけど、十亀、石川さんだったね。

そして飴色パラドックス  7月30日発売

尾上聡:近藤隆
蕪木元治:前野智昭


最近は近藤さんなのか。
この人の受け嫌いじゃないけど、こう立て続けだとね・・・。
でも買っちゃうんだろうな。 
Category * コミック
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Wed
2011.05.11
 
脚本:津田時生


あらすじ
(CD7のプチ文庫の時から一ヵ月後)
創作徒手体操コンクールで総合優勝を逃したライラとムッキーズのイライラは中々収まらない。
いい加減まいったルシファは、みんなを第一宇宙ステーションに連れ出すこと(=遠足!)を計画するが・・・!?


出演
ルシファード:諏訪部順一
ライラ:斎賀みつき
カジャ:神奈延年
マルチェロ:三宅健太


ライラが本人を目の前にしならがらルシファの所業をグチり、聞いてくれてるカジャといちゃいちゃしているところに、マルチがエカテリーナ様から頼まれたことをルシファに助けてもらおうとやってくる。
カジャ・ライラも巻き込まれ4人で解決?するお話。
パーヘブ絡みの幽霊騒動。
20分弱。

 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Fri
2011.05.06
 
発売日未定


あらすじ

恋人小山臣の赴任先で暮らす秀島慈英は、
かつて自分を陥れた鹿間に呼び出され、
東京の彼のもとを訪れた。
そこで倒れている鹿間を発見、そのまま何者かに
頭を殴られ昏倒してしまう。
知らせを受けて病室を訪れた臣を迎えたのは、
臣についての一切の記憶を失った慈英だった。
冷たい言葉を投げつけてくる慈英に臣は……!?


出演
小山臣:神谷浩史
秀島慈英:三木眞一郎
秀島照映:風間勇刀
霧島久遠:檜山修之
弓削碧:鈴木達央


とりあえず発売日未定だけど、発表だけ先に来た!

待ってたよ。

原作読んで、音声で聴いてみたいなと思ってた!
待ち望んでた!!
切ない臣の演技を待ってたよ
楽しみだな~。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Wed
2011.05.04
 
原作:天禅桃子


あらすじ
父親のパン屋を継いだ浅尾には、気になる常連客がいた。
無口で無表情、いつも甘いパンばかりを買っていく。
ある時、その常連客が睡眠不足で倒れたのを介抱したことがきっかけで、二人の距離が近づいて……。


出演
浅尾宗規:高橋広樹
藤川聖:野島裕史
田辺:遠近孝一



野島さん3軒のより、こちらの方が合っているし、良かった。
フワフワした感じ。


高橋さん、浅尾は王子様と言われてた人らしいのだが
高橋節が出て、少しコメディチックな演じ方。
原作読んでないからわからないけど、
全体的な聴いてるイメージとは合わないと思ったけど。


遠近さんはちょこっと、ちょこっと出てくる。
藤川の担当編集さん。


特典トーク
「自分のイメージとのギャップについて」
これ面白かった。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Wed
2011.05.04
 
原作:凪良ゆう


あらすじ
大学生の佐藤夏市は、いつでも人肌に触れていないとダメという謎のビョーキを患うゲイ。
ある日、ミステリアスな雰囲気のサークルの先輩・椎名一貴が隣に越してくる。
外見はクールビューティー、しかし椎名は全く掃除ができない汚部屋製造人だった!!


出演
佐藤夏市:羽多野渉
椎名一貴:間島淳司


なかなか面白かった。

残念なのは羽多野さんかな、
元々私が好きではないのもあるけど。
もうちょっと男っぽい声の人がよかったな。


間島さん、本人様の顔と声にギャップがないね。
ファンの方には申し訳ないけど、声に特徴がないのであっさりしてる。
外画とかこういうドラマCDとかだと脇には出てくるだろうけど
メインというのは中々ないのでは?(ノジ弟とのがあった・・・攻だったけど)
この作品では特に邪魔になることもなく普通に聴けたので良かったのかな。
女王様キャラということで、なんで自分なんだ?と思ったら
髪キャスとキャストコメントで言ってました、写真で確認して下さいと。


特典フリートーク面白かった。 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Wed
2011.05.04
 
原作:鈴木ツタ


あらすじ
3歳年上の幼馴染みと、10年ぶりに再会!?
サラリーマンの光也が転勤先のアパートで隣人になったのは、兄の親友で初恋の人・昇!!
中学3年生の時に強引にキスをして以来、昇に避けられ続けていた光也。
それをずっと後悔していたのに、昇といると唇の感触を思い出しては封印した想いを募らせて!?


出演
岸本光也:日野 聡
高科昇:野島裕史
岸本利光:平川大輔
柳瀬:鈴木達央
潮見:羽多野 渉





こういうトーンの日野さん好きなんだけどね。
今回野島さんがね・・・、なんかいただけない感じ。

二人メインなので、平川さん・鈴木さん・羽多野さんは出番少ない。

サクっと聞くにはいいけど、なんかあんまり印象に残らない。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Mon
2011.05.02
 
「勤労カメラマン高羽秋仁の優雅なる夏休み」

原作:やまねあやの

あらすじ
コウと一緒に海の家でバイト中の秋仁に、海辺の超豪華リゾートホテルオープニングパーティの招待状が届く。しかしそれは、もちろん浅見が仕掛けた罠で・・・!?


出演
高羽秋仁:柿原徹也
浅見隆一:黒田崇矢
コウ:平川大輔
桐嶋啓:川原慶久 他


本編35分弱、トーク6分弱

絡みは2回

高羽に柿原ってどうなの?
幼くて、なんか違うと思うんだけどな。

浅見の黒田さんは・・・。
好みでしょ。

私は好みません・・・。 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Sun
2011.05.01
 
現在流れている北川景子の三ツ矢サイダーCM

右下に
「歌:山寺宏一」
と表示されているのをお気付きか?


何回かこのCM観てたけど、右下目に入ってなくて
CMソング聴いて、なんとなく誰が歌ってるんだろう~
程度にしか気にしてなかったけど
今日右下に目が行って、吃驚して
まだCMソング流れてる最中だったけど
全く音楽が耳に入ってこなかった
なんだか動揺しちゃった。


分かって冷静に聴くと山寺さんだってわかるけど
名前に気づく前で分かりたかったな・・・
私の耳も落ちたもんだ


朝何の番組だったか、諏訪部さんがNAしてて
分かったんだけど、心踊らなかった。
本当に厭きてきたんだね・・・。

今強烈に好きな声の人いないんだよね・・・
寂しいな。
 
Category * 雑記
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Sun
2011.05.01
 
まあ、40周年ですからね・・・。
娯楽作品だね。

始まりはオーズがイマジンと戦ってる所から
電王が絡んできて、オーズのセルメダルがきっかけで
歴史が変わり、仮面ライダー1号・2号が悪に・・・。

みたいな。

でも結果、正義のヒーローは仮面ライダーだ!!
な展開、当たり前だけど。




最後の方のライダー立ち位置で
画面向かって左から
1号・2号・オーズ・クライマックスフォーム電王・NEW電王
後ろにずらっと今までのライダーが並んでた。
タイトルになっちゃう位だから、電王はやっぱり別格なんだね。
早く新作出してくれないと、熱が冷めちゃうよ・・・、電王。
待ってるよ。



私はこの物語を観て、ちょっとどうなの?と思った所が多々あった。

特撮・ライダー好きな人は満足な出来なのか?
私はライダー詰め込み過ぎな感じがしたんだけどな。
 
Category * 映画
編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Copyright © 2011 BLCD感想, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。