BLCD・漫画や小説(稀に映画)などを言いたい放題
http://bicdnanitsijou.blog6.fc2.com/
--
--.--.--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Sat
2011.04.30
 
原作:ねこ田米蔵



出演
春平:前野智昭
ふみ:安元洋貴
里中:梶裕貴
和明:樋口智透



2回目するまでの春平の覚悟とふみの悩みみたいなお話。

あとがき読むと、ふみがにゃんこになる希望が多いようで
今後リバありな展開?
安元さん・・・、頑張って。
 
スポンサーサイト
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Sat
2011.04.30
 
今月の新刊コミックなのに、夏にはドラマCD化決定作品。

ということは、CDではお話完結させるのか?
CDで続き聴かせて、そのあとコミック発売か?

とりあえず、小西×近藤?となんとなくふと思った。
違うとは思うけど。


レオパード白書2 ドラマCD化決定
燐花:鈴木達央
真行寺:遊佐浩二

だそうで。 
Category * コミック
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Fri
2011.04.29
 
原作:鹿乃しうこ


あらすじ
仕事中に6メートルの足場から転落するという衝撃の事件後、
19歳の記憶を失ってしまった浩太。
15歳として存在する自分に戸惑いを隠せない。しかし牧と暮らす中で、
戸惑いつつも幸せを感じる日々を取り戻してきた。
そんな中、頭をよぎる19歳の記憶に不安を覚えて――。


出演
大木浩太:中村悠一
牧志青:子安武人
和久井久嗣:高橋広樹
菱谷忍:遊佐浩二
深津裕也:前野智昭
大木聖人:岸尾だいすけ



待ってました!第4弾!!

よかった、とりあえず完結?まで聴けたので。
またまた、こちらも2枚組。

いや~、コメディな感じの子安さん最高に面白いね。
いいね、カッコイイのより、コミカルな演技の方が好きだな。


浩太の記憶書き換えは展開読めてたけど
結果、終わりよければ全てよしな展開。

15歳の浩太は牧に惚れるんだね。
牧良かったね。


深津は幸せになれるといいね~、と思った。


本編とは別に番外で前後編で入っていて、こちらに忍&純佑ゲスト出演
お話としては浩太と牧はラブラブというものだったけど。


和久井の高橋さんはめっちゃ鼻声だった
誰!?と思うくらい、結構鼻声。
こういう残っちゃうものなのに、ここまで鼻声でいいのか!?

浩太の兄、聖人はほんのちょっと出番


今回3作品2枚組だったので、結構なボリュームだったけど
面白かった~。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Fri
2011.04.29
 
原作:鹿乃しうこ


あらすじ
No.1ホストとして、たくさんの女性だけでなく同僚ホストをも(!)魅了する純佑。
けれど相変わらず純佑の愛情のターゲットは忍だけ!
2人の同居当初の眩しい日々や、秘められていた家族のことなどがこぼれだす第3弾


出演
忍:遊佐浩二
純佑:森川智之
能成:鳥海浩輔
ハルト:安元洋貴
コージ:野島裕史
浩太:中村悠一
牧:子安武人
拓哉:千葉一伸


こちらも2枚組
1枚目
純佑と弟編
忍と母編

2枚目
忍と純佑の昔話編
浴衣で萌えちゃえばいいじゃない編
純佑の実家近くに旅行しちゃった編(ゲスト・浩太&牧)


こちらも2枚組だったけど
サクッと聴けた。
良かったし、面白かったし。
こちらに出た牧も面白かったし。


基本は忍と純佑メインで絡みもきちんとあったし
お話も結構盛り沢山だったし。

これ、続くの・・・かな?
原作知らないんだよね。 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Fri
2011.04.29
 
原作:松岡なつき


あらすじ
毒殺されかけた海斗の療養のため、一時パストラーナの城へ――。片時も傍を離れないビセンテと一緒に、スペイン宮廷を後にした海斗。ところがその城で、ジプシーに変装して、旅の一座に潜り込んだジェフリーとナイジェルの姿を発見!! 二重間諜のラウルの手引きで、ついに感動の再会を果たすが…!? 陸に上がった海賊達の、反撃の火蓋が切って落とされる――息もつかせぬ奪還編!!


出演
海斗:福山潤
ジェフリー:諏訪部順一
ナイジェル:小西克幸
ビセンテ:大川透
キット:三木眞一郎
ラウル:近藤 隆
レオ:宮田幸季
レイバ:遊佐浩二
フェリペ二世:中田譲治
アナ:勝生真沙子


今回は2枚組
でもあっという間だった。

よかったね、海斗。
ジェフリーに会えて。
でもね・・・
っていう展開だったけど。


ビセンテはやっと海斗に対して恋心を自覚
大川さん、良かったし。
妄想でビセンテ×海斗がちょっとあった、ここ希望の方には嬉しいのでは?


アナみたいな役柄ぴったりだよね、勝生さん。
今回はアナが印象深い巻になった。


はてさて、ジェフリーと一緒に海斗はラウル・ビセンテの元から逃げられるのか!?
次巻へ続く!

 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Tue
2011.04.26
 
原作:中村明日美子


あらすじ
わ・・・わいせつ罪で訴えてやる!
堅物メガネ美人刑事・高千穂は、一年間追い続けたイケメンたらし犯・七海をついに離島で逮捕した! このまま手錠に繋いで本庁に連行するはずが、なぜか「蜜月旅行[ハネムーン]」(七海談)になっちゃって!?


出演
高千穂巧:鳥海浩輔
七海洋一:三木眞一郎



コメディとして描いてるようなのですが
原作読んだ感じとしては、そんなノリで読んでなかった。

でもこのCD聴いて、あ、コメディだったんだと思えた。
とりさんと三木さんのやり取りが良くて、漫画で読むより
音声にした方がいい場合もあるんだね。
二人とも楽しそうだし、良いと思う。


これはこれで面白かった。
キャスティング決定した時、なんとなく納得できなかったんだけど。 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Thu
2011.04.21
 
原作:津守時生


あらすじ
ルシファの受難の一日はまだ続いていた。見えない敵[イヴル]が潜入させたスパイによって、ニコルをかばって撃たれたルシファは負傷する。そこにやって来た憲兵隊隊長マルチェロ・アリオーニ大尉は、宇宙軍の英雄であるルシファに因縁をつける。それがふたりの最初のコンタクトだった・・・。


出演
ルシファード:諏訪部順一
サラディン:三木眞一郎
ライラ:斎賀みつき
カジャ:神奈延年
ニコル:千葉進歩
マルチェロ:三宅健太




当時の原作マルチェロを、現在のマルチェロに変える為に
津守さんが全面改稿することとなり、脚本80%書いたそうで。

このお話の原作マルチェロがどんな感じだったか覚えておらず
違いがわからんかった。
読みなおそうと思ったけど、別に違和感なく聴けたからいいじゃん。
と思ってやめた。


今回はほぼ、マルチとルシファ、そしてカジャメインで
ニコル・ライラ・サラはおまけな感じ。


マルチにいい声で迫るルシファのシーンもあったけど
最近諏訪部さんに萌えない自分がいる。
飽きてきたのか・・・。
いい声に思えんかった・・・。
ヤバいな。


マルチェロの三宅さんは、なんかイメージが違った。
決まった時もう~ん、と思ったけど
聴いてやっぱりしっくりこない。
なんとなく相沢正輝さんとか
低いけどさっぱり系な人をイメージしてたからかな。


あ、神奈さんがめっちゃ鼻声だった、花粉症か??風邪なのか?






小説wings 5月発売の付録CD
忘れないようにしなきゃ。 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Sat
2011.04.16
 
きっかけは、ベルゼブブ神谷さん。


いや~、グロい表現とかするけど、面白い!!

原作読みたいと思ったけど

アザゼルの小野坂さんがいい具合に合ってるから面白いんだよね、きっと。


芥辺の浪川さん、残念だね・・・。

芥辺がもっと合えば、もっと面白いと思うんだけどな。
なんで浪川さんにしちゃったんだろう・・・。
残念だな。


30分ものではなく、12分超、ショート漫画?


とにかく、面白い、小野坂さんが良い!
神谷さんのベルゼブブもそれなりに。

来週、後2匹悪魔が出てくるので、楽しみ。 
Category * アニメ
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Thu
2011.04.07
 
原作:松岡なつき

あらすじ
異端審問の牙城・スペイン宮廷で、告発されてしまった海斗。唯一の救いは、ビセンテが通訳として傍にいてくれること。いつでも冷静で優しい緑の瞳が、不安に挫けそうな心を支えてくれるのだ。フェリペ2世の計らいで、有能な弁護人がついた海斗は、審議の一時休廷に成功!! ところが安堵したのも一瞬、情報漏洩を危惧するウォルシンガムが放った暗殺者に、海斗は毒殺されかけて!?


出演
海斗:福山潤
ジェフリー:諏訪部順一
ナイジェル:小西克幸
ビセンテ:大川透
キット:三木眞一郎
レオ:宮田幸季
ラウル:近藤 隆
和哉:岸尾だいすけ
フェリペ二世:中田譲治



こんな所で終わりなのか~


今回は

カイトが毒を盛られ、ビセンテにマウストゥマウス。

裁判で男色嫌疑をかけられ棒入れられ試されカイトショック。

未通だと知ってビセンテますますカイト大好き。

ジェフリー・ナイジェル・キットすぐそこまで来て、カイト奪取大作戦。

次回へ続く!みたいな。


今月27日発売だからちょっと我慢すればすぐ次が聴ける!
27日発売CDラッシュだから忙しい!



それにしても久しぶりに譲治さん聴いたけど、随分声が枯れてる感じ
こんなにおっさんぽい感じじゃなかったと思うんだけどな・・・。

ラウル近藤さんはとても嫌な感じが出ていてよかったよ。

 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Tue
2011.04.05
 
原作:モンデンアキコ


あらすじ
僕の1500万円を持ち逃げした男[セフレ]を探してくれ――。
貧乏探偵・三条の元へ、客として超無礼な美人銀行員・政木がやってくる。その政木が、男に裏切られ「いくら払えば僕と寝てくれるんだ?」と自分を貶め誘う姿にキュンときた三条は・・・!?
上龍会若頭で義理堅い恭一の世話役・木島×政木の元カレで実は組長の息子・上田の恋物語「放蕩と無頼」と、コミックス未収録の続編も同時収録


出演
政木涼:杉山紀彰
三条啓介:高橋広樹
上田恭一:鳥海浩輔
木島鉄郎:安元洋貴

 

>>>Read more

編集[管理者用] このページのトップへ

 

Sat
2011.04.02
 
こんなスローペースなブログで

しかも、感想と付けていいのか迷うくらい少ない感想文を読んでいる

そこの貴重な貴方!


ありがとうございます、いつのまにやらカウンター「7000」


キリ番機能がない為、特に気にもせずいたら・・・。



ありがたいことです。

ほんの気まぐれで書き始め、丸2年が経過して

なんとか続けてきました。


他の方の感想文を読むと、それはそれは熱い情熱のこもった感想文があり

私の短い感想を載せて、意味があるのかと、迷う時もあるのですが

自己満足だし、とりあえず、聴いたときの率直な感想をパパッと書けばいいや、

という感じで書いてます。


最初の方は結構一生懸命長めに書いていたのですが

最近では本当に単純な感想になってます。


それでもとりあえず続けていこうと思っていますので


よろしくデス。 
Category * 雑記
編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Copyright © 2011 BLCD感想, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。