BLCD・漫画や小説(稀に映画)などを言いたい放題
http://bicdnanitsijou.blog6.fc2.com/
--
--.--.--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Mon
2014.04.07
 
待ってました!!

やっと続きが読めると、昼休憩中に本屋に向かい、

駅ビルだから、休める所で読んできた!!
(これからゆっくり読みなおし)

先にチラシに注目!!!!!

2014年秋 2枚組ドラマCD化!

ということは、2巻までやってくれるのでしょうね…きっと。

キャストは

杉木信也:興津和幸

鈴木信也:小野友樹

なんと、いやらしのコンビ!
違うので聴きたいと書いたばかりだというのに、
もう実現!!

やったぜ!!

血がラティーノ鈴木信也を小野さんがどんな感じで来るのか!

スタンダードの杉木信也は興津さん、ツンな感じでやってくれるといいな。

この作品、あくまでもダンスメインだから、
ドラマCDだともったいないとは思うけど、
アニメは完全に無理だろうから、音声のみで我慢する。
でも、2人の感情とか、やり取りとか踊っているからこその表現があるから、
それが音声だと表せないのが残念だね。

とりあえず、このチラシを見た瞬間の私は、テンション結構上がったね!!!

まだ原作では致すところまではいってないけど、
鈴信也×杉信也だと思うんだよね、女王様受け的な。
とうか、希望的観測なんだけど。


鈴信がスタンダードを諦めようと決めたけど、
根っからのラティーノは、楽しくなければ、
音楽がなければ踊れないという友人のアドバイスで、
音楽かけて踊らせたら今までとは全く違って、
スタンダードを踊れるようになって、
やっと前へ進めると杉信がホッとするところから始まる。
杉信に「僕の憧れ」って告白したくらいだしね。


でイギリスのブラックプールに鈴信を一緒に連れて行き、
コネクションの世話をやいてやっぱり2位で終わった杉信。
1位になるところを見てほしかったらしい。
今回の巻はキスばっかりしている。
お互いのパートナーにやきもち焼いたりしてさ。
やっと、BLっぽくなってきた。

次の巻も楽しみだな~。
その前にドラマCD出るしね。



3月最終週はずっとPCOS変更で、
格闘していたので新しいCD来ても聴けないし、
聴けてもPCの対応で、ここも更新出来ないし、
やっと更新出来たけど、対した感想出せてないし(これはいつもという話か)
とりあえず発売日で新譜感想あげました。
 
スポンサーサイト
Category * コミック
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Fri
2013.11.01
 
原作:ヨネダコウ


やっと発売2巻!
待ち遠しかった~。
お昼休みに本屋で購入して、
休める場所があったので待ちきれなくてすぐに一気に読んでしまった。


これドラマCD出てくれないかな…。

1巻より厚いから、CD2枚組じゃ無理かも。
3枚組でも買うよ!
だから丁寧に作って欲しい!!

矢代流に言うと黄金時代、三角に言わせると暗黒時代だったり、
竜崎の矢代に対する気持ちが見え隠れし、
百目鬼の気持ちがはっきりしたし、
色々動いたんだよね。
聞きたいな~。

フロンティアさん、続編出して下さいよー!
アンケートにも書いたけど。

 
Category * コミック
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Mon
2013.02.18
 
著者:井上佐藤

あらすじ
鈴木信也(すずきしんや)と杉木信也(すぎきしんや)はそれぞれソシアルダンスのラテンとスタンダードの日本チャンピオン。名前は似ているが正反対の二人は親同士からして犬猿の仲。しかし、杉木からの提案によって、それぞれがお互いのダンスを教え合い、10種類のダンスで競う「10DANCE」に挑戦することに。それぞれのダンスの違いに戸惑いつつも、お互いの距離は縮まって…


このコミック帯右下に
「本格ダンスコミックではありません。本格BLコミック(予定)です。」


この帯にある予定となっているまま、1巻はBL要素が薄いけど、
その道筋は見え隠れしている所。
早く続きが読みたいーーー
久しぶりに面白いと思えたし、
本格ダンスコミックではないと書いていあるけど、
説明文を入れたり、コマ割りでダンスを描く所も工夫して、
動く所を映像で見てみたいなと思えた。
同じ信也、苗字が一文字違うだけ、
生まれも育ちも真逆で、ダンスもスタンダードとラテン。
その二人が出会って、受け入れてどうやって変わっていくのか。
続きが楽しみな作品に出会えたのでした。
 
Category * コミック
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Thu
2012.09.27
 
昨日発売日に両方ゲット!
本当は密林で予約してあったけど、
発送通知が来なくて、
ダメもとで地元の本屋に行ってみたら、

なんと、なんと合ったのです!
ありがとう!
地元をバカにしていたよ。
ということで両方ともすぐ読み終わってしまいました。
初回ペーパーも手に入れられたし。

コミックは厚かったな。
リバーズエンドはcabの付録小冊子だったお話と、
マンガのその後のお話、書き下ろし。
満足、満足。
そしてCDを完結してほしかったな…
ムービック第6事業部解散になっちゃったし…。
アニメイト系列なんだから、マリンとかで出してくれないかな…。



そしてこの間、久しぶりに池袋に。
そして久しぶりにk-booksに。
そこでガラスケースの中に、
木原さんの
「美しいこと」小冊子「愛すること」
「箱の中」「檻の外」小冊子「すすきのはら」
この両方が10500円で販売されていた!!
なんと!
そんな価値が付いているのかと…。
rose garden「southern rose」
こちらは8400円だったような…。
木原さん…、
ファンは手放さないからなんだよね。
そして後からファンになった人は手に入れたいから、
そのような価値が付くんだね。

あ!
講談社の箱の中を買いました。
元の本を読み返そうかと思ったけど、
これはこれでまとまってるからいいかと思い、
やめた。
木原さんのあとがきはなく、
三浦しをんさんの解説のみ。
そのなかで通常のBL展開を書いているけど、
木原さんはそれになぞらない展開をするというような事を書いていた。
だからコアなファンが付くんだよなと思ったのでした。

 
Category * コミック
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Wed
2012.08.08
 
原作:黒娜さかき


純情王道童貞男子×ゲイ達者男子の可愛くもギリギリの青春譜。
友情と欲情の間で揺れる男子高校生が織りなす学園物語。


全4巻


以前から気になっていて、
古本でリーズナブルな価格で購入出来たので読んでみた。

絵柄は好き好きあるかとは思うけど、
お話としては中々良かった。
ゲイとノンケの友情は成立するのか!?
というお話かと思ったんだけど違った。
でも、これはこれで良かった。
ネタバレもあるので以下お気をつけください。

 

>>>Read more

Category * コミック
編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Copyright © 2018 BLCD感想, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。